Update from Peter Anderson
  2017年1月  
  ピーター・アンダーソンからの最新情報  
 
 

オーストラリアの大学で学位を取ると、日本でよりよい仕事が見つかるのでしょうか?日本の人気就職先のひとつに聞いてみましょう。

 
 

パークハイアット東京はグリフィス大学卒業生を求めている!

「ハイアットもパークハイアット東京も、グリフィス大学のような学校の卒業生を強く求めています。私たちは人材とその育成に特に重点を置いています。」(エルヴェ・マゼラ総支配人)

 
 

私はパークハイアット東京のエルヴェ・マゼラ総支配人、および同ホテル人事部ラーニングディレクターの松村晋祐氏とお会いしてお話を伺いました。そして、グリフィスカレッジ/グリフィス大学のディプロマやさまざまな学士課程 (たとえば、国際観光・ホテルマネジメント学士) を卒業した日本人の方には多様でダイナミックなキャリア機会が待っていることを知り、大変うれしく思いました。

 
     
   
     
 
  • ホテルが求めるのは、外国人のお客様に自信を持って対応するスキルを備えた人材です。ホテルは、海外の資格やグリフィスのような大学で学生が得た経験を高く評価します。
  • ホテルの求人は急増しています。どのホテルも人がほしいのです!ハイアットだけでも、2020年までに日本で5〜7軒のホテルをオープンさせる予定です。
  • ハイアットを始めとするホテルグループは、日本の若者が早い昇進やモダンな職場を望んでいることをわかっているので、有能なスタッフの管理職昇進や、ホテル内のさまざまな部署への異動を積極的に行います。
  • スタッフは勤務する国やホテルを移ることができます。ハイアットでは転勤が可能で、ビザや家族サポートも提供するので、キャリアを築くことができ、会社への愛着も育まれます。
  • 国際的ホテルグループの中で方針が統一されているので、どの国で働いていても、父母の両方が取れる育児休暇などの福利厚生が用意され、人種、セクシュアリティ、年齢、性別による差別はありません。
 
 

「人材候補者をぜひご紹介ください。私たちは、大学その他の教育機関を卒業した強力なパートナーをいつでも歓迎致します。このすばらしい産業をともに作り続けるために。」(エルヴェ・マゼラ総支配人)

 
 

グリフィスで観光学やホテルマネジメントを学んだ日本人の方に、どのようなキャリア戦略を提案しますか?たとえば、私は中道祐弥さんの考えが気に入っています。グリフィスのディプロマ+学士号のプログラムを2016年11月に修了した中道さんは、JTBゴールドコーストでツアーガイドのアルバイトをしたときに、会社から勧められたすばらしいことを実行しているそうです。それは、ホテルグループ、たとえば東南アジアのリゾート地にあるハイアットリゾートで仕事を見つけ、経験を積み、最終的に別のホテルグループに移ってオーストラリアか日本のホテルに戻ってくる、というものです。若いうちにいつくもの国にも住み、世界各地の人々と交流し、自分にぴったりのサービス産業のキャリアを楽しむ…なんとすばらしい戦略でしょう。

 
 
 
   
     
 

「ホスピタリティー産業での日本人のキャリア機会は、留学によって確実に広がると思います。近い将来、日本または海外で、ハイアットグループの仕事に興味のある日本人学生の方とできるだけ多く面接でお会いしたいと思います。」(松村晋祐ラーニングディレクター)

 
 

観光学とホテルマネジメント分野の勉強は、勤務地やチャンスの選択肢が豊富な幅広いキャリアを必ず日本人留学生にもたらします。ぜひ多くの方にこの分野を勧めてください。この分野におけるグリフィス大学の専門性の詳細については、私までお問い合わせください。また、下記のリンクもご覧ください。
https://www.griffith.edu.au/international/japan/study/study-areas/international-tourism-and-hotel-management

観光・ホテルマネジメント関連の学士号取得につながるグリフィスカレッジとグリフィス大学のパッケージについて、パンフレット(PDFファイル)を添付しております。

 
 
 
   
Diploma of Hotel Management

Hotel-Management-Flyer.pdf / File Size: 287 KB

   
 
     
 
Get Adobe Reader

資料をご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です (無償)。
Adobe Acrobat Readerをお持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてください。

 
     
 
  日本ではピーター・アンダーソンがサポート  
 

私のオフィスは東京にあり、以下の事柄について皆様をサポート致します。

  • 教育機関、コース、ライフスタイル、その他の事項に関する情報
  • 皆様が受けた学生からの問い合わせに基づく留学プランの提案
  • 入学手続き
 
     
 

連絡先

Navitas日本代表事務所
ピーター・アンダーソン(Peter Anderson)
anderson@emcstudy.com
〒150-0011 東京都渋谷区東1-3-1-505
1-3-1-505 Higashi Shibuya-ku Tokyo 150-0011 Japan
Tel:(03)5485-0786
Fax:(03)5485-0798

http://navitas-japan.com/

http://www.emcstudy.com/