Update from Peter Anderson
  2016年12月  
  ピーター・アンダーソンからの最新情報  
 
 

浅田 礼菜さんの言葉

「私個人にとって、グリフィス大学への留学は人生最大の、そして最高の決定だったと思います。大学生活は、文化的リテラシーを高め人間的に成長するためのすばらしい機会でした。もし日本にとどまっていたら、エミレーツ航空で働くことはできなかったでしょう。」

 
 

人々をインスパイアするストーリー

 
 

グリフィス大学のホスピタリティー・観光学科を卒業してエミレーツ航空のキャビンアテンダントに!

ホスピタリティー、観光学、国際ビジネス、小売の分野に関心のある貴社のお客様とその保護者の方に、ぜひこの体験談をお見せください。浅田さんは、グリフィスカレッジのディプロマとグリフィス大学の学士号を取得して国際的キャリアを開始することで、「世界各地を飛び回る」という夢を果たしました。

同様にほかの卒業生も、東南アジア諸国で日本人観光客にも人気のある国際的ホテルチェーンリゾートに就職したり、オーストラリアや日本の観光業界で仕事を見つけたりしています。この分野では、彼らが持つスキルへの需要がますます高まっているのです。

国際的ホスピタリティー分野のキャリアに向けて3年間パスウェイを始めましょう。

 まずはこちらをクリック 

 
     
   
 
 

1. どの課程で学びましたか?なぜエミレーツ航空のキャビンアテンダント(CA)の仕事に就いたのですか?

私は国際観光学・ホテルマネジメントを勉強しました。私の家族は旅行好きなので、私は赤ちゃんの頃から毎年、世界中の国々を訪れました。高校時代からは主にホスピタリティー産業でアルバイトをしました。将来のキャリアを選ぶとき、CAになることを決めました。理由は、いろいろな所に行けることと、以前のホスピタリティー産業での経験を生かせることです。また、学生時代に多文化の国(オーストラリア!)で働くのが好きでした。エミレーツ航空も、160か国以上で活動しているグローバル企業です。

2. ほかにどのような就職先を検討しましたか?あなたの長期的な計画はどのようなものですか?

ほかの選択肢としては、旅行代理店、教育エージェント(留学)、ホテルを考えました。長期的な計画は、エコノミークラス担当からファーストクラス担当へ昇進すること、そしてエミレーツでのキャリアを終えた後に、非日系航空会社(エミレーツ、エティハド、カタールなど)への就職を目指す方のために航空学校を設立することです。空港の地上勤務にも興味があります。

3. グリフィス大学でその学位を取得したことによって手に入れたキャリア機会は、日本で大学に進学した場合と異なるものでしたか?

私個人にとって、グリフィス大学への留学は人生最大の、そして最高の決定だったと思います。教育形式も文化も異なる中ですべての科目を英語で学ばなければならず、とても大変でした。オーストラリア人は臆することなく人前で話せるので、大勢の学生の前で手を挙げて質問をするのが普通です。コミュニケーションスキルとチームワークを必要とするグループワークがたくさんあります。大学生活は、文化的リテラシーを高め人間的に成長するためのすばらしい機会でした。もし日本にとどまっていたら、エミレーツ航空で働くことはできなかったでしょう。なぜならCAには、限られた時間内でサービスを提供するために高いコミュニケーションスキルとチームワークスキルが求められるからです。

4. オーストラリアの大学で勉強することを日本の高校生に勧めますか?それはなぜですか?

オーストラリアの大学で勉強することを強く勧めます。オーストラリアは多文化で、フレンドリーで、のんびりした国です。人々はとてもフレンドリーで、レジで待ち行列ができていても客と店員がおしゃべりを続けていることも珍しくありません。グリフィス大学は最も留学生の多い大学のひとつなので英語面のサポートを提供しており、課題の文法ミスやスペルミスを無料でチェックしてくれます。さらに、オーストラリアは美しい自然と動物に恵まれています。私はほとんどの休日をビーチでのんびり過ごして、勉強の疲れを癒します。仕事に関しては、大学生であっても週に20時間までアルバイトができ、休暇中なら好きなだけ働けます。私は1つの学期が終わるたびに週に4〜5日働き、インターンシップにも参加しました。

 
 
  日本ではピーター・アンダーソンがサポート  
 

私のオフィスは東京にあり、以下の事柄について皆様をサポート致します。

  • 教育機関、コース、ライフスタイル、その他の事項に関する情報
  • 皆様が受けた学生からの問い合わせに基づく留学プランの提案
  • 入学手続き
 
     
 

連絡先

Navitas日本代表事務所
グリフィス大学 日本代表事務所
ピーター・アンダーソン(Peter Anderson)
anderson@emcstudy.com
〒150-0011 東京都渋谷区東1-3-1-505
1-3-1-505 Higashi Shibuya-ku Tokyo 150-0011 Japan
Tel:(03)5485-0786
Fax:(03)5485-0798

グリフィス大学留学案内:
https://www.griffith.edu.au/international/japan

グリフィスカレッジ:
http://navitas-japan.com/html/campus_qibt.php